す ず き/suzuki architects

gré・正方形の家


2018年「JIA東海住宅建築賞奨励賞」受賞  2018年 新建築「住宅特集」11月号 掲載

03_170619_0364-04_170619_0180 06_170619_0154- 07_170619_0047-jpg 08_170619_0233- 09_170619_0242- 10_170619_0308- 11_170619_0312- 12_170619_0568- スケッチ01

gré・正方形の家

静岡市の市街地から少し離れた日本平の裾野。周りには大きな茶農家も残り、昔ながらのオープンで大らかな生活感がある地域に「gré(グレ)・正方形の家」は建っています。1階は、自然な素材で長く使い続け愛着のわくような衣類や雑貨を扱うセレクトショップ。2階は、大きなテラスと繋がる、広がりを感じるプライベートな住空間になっています。各階ともに、正方形の平面形状を十字に切る「田の字」プランニングを元にすることで、無駄が無く使い勝手の良い、とてもシンプルな間取りになっています。そして、大きな開口と白い壁は、周囲のプライバシーに配慮しながら、周辺の環境を上手く室内に取り込めるようデザインしています。大きな窓からは、茶畑と家々の屋根並み越しに富士山を望んだり、大きな農家の庭を借景できるようになっています。また、室内の仕上げは、質感の表情にも気を使い、お施主さまと話合いを重ね、工事中も一緒に様子を確認し進めていきました。シンプルな形状のいたる所に愛情のこもっている家になったのではないかと思っています。( ◎ gré(グレ)は1階店舗の名前です。フランス語で「お気に入りの」と言う意味合いがあります。 )

意匠設計:鈴木宏亮+山村尚子/す ず き
建設会社:桑高建設株式会社

all photos by Kenta Hasegawa