す ず き/suzuki architects

gré・正方形の家


2018年「JIA東海住宅建築賞奨励賞」受賞

03_170619_0364-04_170619_0180 06_170619_0154- 07_170619_0047-jpg 08_170619_0233- 09_170619_0242- 10_170619_0308- 11_170619_0312- 12_170619_0568- スケッチ01

gré・正方形の家

静岡市の市街地から少し離れた日本平の裾野。昔ながらの大きな農家と茶畑、そして新興住宅が混在している。街路はあぜ道の跡のように微妙に曲がり、日本平へとゆっくりと登っていく。ふと気が付くと、視界が抜けた先に富士山を望めるような場所にも繋がる。そんな地域の特性と上手く共存していくために、私たちはまず、周辺との距離感を図る壁面から考えた。壁を使い、住い手と周辺住民とがプライバシーをコントロールすることができる。そして、風景と奥行きを得ることが出来る位置・方向を開放することにした。一階は、自然な素材を好み、長く使い続け愛着のわくような衣類や雑貨を扱う建て主が営む店舗。二階は、風や光を存分に感じることが出来る、建て主の母親の住まいになっている。明確に住み分けはしつつも、お互いの気配を感じながら、安心感をもたらす建物をイメージした。二世帯住宅とはまた少し違う、働き、住い、見守る形を、シンプルでコンパクトな正方形の中に落とし込んだ。

 

意匠設計:鈴木宏亮+山村尚子/す ず き

建設会社:桑高建設株式会社

 

all photos by Kenta Hasegawa