す ず き/suzuki architects

光の箱


戸建て住宅ワンフロアのリノベーション

 

光の箱 

戸建て住宅のワンフロアのリノベーション一期工事。 フロアのほとんどを革在庫の倉庫して利用され、 窓の少ない小さなスペースを生活空間にしていた。 そこで、私たちは革倉庫の一部を生活空間として拡張し、 小さいながらも、南に面した窓のある空間を暮らしの中に取り込むことにした。 新しく拡張された部屋は、既存住戸よりもより白い塗装をセルフビルドし、 既存の住戸につながれた空間は、まるで「光の箱」のように、 今まで光が届かなかった既存のスペースを明るく照らしだし、 心地よい風が吹き抜けるようになった。  フロア全体を居住域へ変える二期工事を見据えた上で、一期工事では水回りも新に整備している。タイルはお施主さまから支給していただいた、イタリアの農村部で作られたタイル。目地が大きめに取られているのは、タイルの風合いを出すためでもある。

意匠設計:山村尚子+鈴木宏亮/す ず き
建設会社:月造

all photos by Kenta Hasegawa