す ず き/suzuki architects

二重縁側の家

006

002003160323_0128160323_0276160323_0333004005160323_0078

all photos by Kenta Hasegawa

二重縁側の家概念図

 

二重縁側の家

築45年以上になる木造戸建て住宅のリノベーション物件である。

赤い三角屋根の可愛らしいプロポーションの住宅にお伺いさせていただいた際、私たちは4つのコトに注目した。まずは、二つの部屋に分断されてしまっていた横に長い大きな開口部。部屋として孤立しているため物置部屋と化していた屋根裏部屋。昔ながらの「和室+縁側」構成の部分があること。そして世代を超えて大切にされてきた建物であるということ。この4つをうまく生かして「昔の想い出は残しつつ、今までとは全く違う大きな空間が欲しい。」と言う住まい手の要望に応えられないかと考えた。

そこで私たちは、和室と縁側がある建物の半分はそのまま手を付けず、残りの半分を大きく改修して大きな空間を造る。そして、改修を行うにあたり、外部と内部や室同士の距離、家族の距離感を無理なく自然に繋ぎ調整できるよう、縁側のような中間領域を造り構成していくことで、「昔の想い出は残しつつ、今までとは全く違う大きな空間。」を生み出そうと試みた。

まず、部屋を分断していた家具を取り払い、LDKに平面的な広がりを持たせ、同時に横に長い大きな開口を引き出した。外部には軒の奥行で開口前に縁側を出し外部との中間領域を設けた。すぐ隣の建物では音楽教室をしており、子どもから大人まで常に色々な人が集まってくる。縁側が住居と音楽教室をつなぐものとなるように考えた。

続いて、天井仕上げを取り払うことで、屋根の中で孤立していた屋根裏部屋を引き出し、LDKに立体的な空間の広がりと繋がりを持たせた。吹き抜けに風の流れを作り出し、室内環境を整えられるようにした。また、LDKの上部に張り出している屋根裏部屋部分は床をルーバー状にし、トップライトと窓からの日差しを1階LDKへと導く。屋根裏部屋のルーバー床部分は、そこを使う娘と1階のLDKにいる母とが、適度なプライバシーを保ちつつ気配を感じることができる、中間領域となる縁側に見立てた。

吹き抜けにあらわれた木梁や鉄骨梁は、新しく開けた空間の中に入り交じり、時の流れによってのみ造られる風合いを携え、落ち着いた雰囲気を与えている。また、日本の気候や人との関係性の中から生まれた、縁側のような存在も、昔ながらの「大らかさ」のある建築を造る要素であると考えている。建物に残る懐かしさや想い出や歴史を大切に扱い、無理なく再構築していくことで、建物が更に愛され、使い続けられる存在になることを願っている。

意匠設計 : 鈴木宏亮+山村尚子/ す ず き

建設会社 : ホームビルダー株式会社